貿易事務の適性(向き・不向き)

財団法人求人TOP >> 貿易事務の職探しの基礎 >> 貿易事務の適性(向き・不向き)

貿易事務の適性(向き・不向き)

貿易事務の仕事ですが、輸出入関係の書類を取り扱います。もちろんこれらの書類は英文で作成されているので、英語の読み書きのできる人に適性があります。輸出入関係の書類の内容を理解できる、取引先とのメールのやり取りを英語でできる程度のレベルは求められます。もしかすると得意先と直接電話などを使ってコミュニケーションをとることもあるので英会話スキルが必要かもしれません。しかし基本的にはリスニングやスピーキングよりも、読み書きの能力の方が重視されます。

最近ではアジア各国と取引をしている日本企業も増加しています。このような国々とやり取りをする場合でも世界の共通言語である英語によるコミュニケーションが基本ではあります。しかしアジア圏の言語を話せるのであれば、それは就職活動をするにあたって大きな武器になりえます。中国語や韓国語などが話せるのであれば、面接のときなどにしっかりアピールしておきたいところです。

貿易事務の仕事ですが、多種多様な業務をこなしていかないといけません。得意先や関係機関とコミュニケーションをとりながら、輸出入に関する書類の作成をしていきます。また貿易事務一人で複数の取引先の事務手続きを担当することもあります。得意先ごとに異なる手続きを進めないといけないケースもありますので、マルチタスク能力のある人でないと貿易事務の仕事は務まらないでしょう。

また貿易事務が取り扱う書類の中には、見積書や伝票といった金銭的なものもあります。取引によっては、大きな金額の動く書類もあります。このような書類の作成でうっかりゼロを一つ多くつけてしまったといったことになれば大問題になりかねません。また税関の手続きでミスがあれば、それだけプロセスが後ろ倒しになって、取引先に迷惑をかけかねません。ですから正確に迅速に作業できる、几帳面な人の方が向いていると言えます。

貿易事務ですが、会社の業績次第では取引先が増え、担当する業務が増える可能性も十分あります。しかし貿易事務の基本的な業務内容は、取引先が増えたとしても大きな変わりはありません。毎日がルーティーンワークの繰り返しと思って下さい。例えば集中力がなかなか持続せず、同じことを長時間続けることが苦手な人は貿易事務の仕事は向いていないと言えます。逆に言えば、コツコツと仕事を続けるのが得意でルーティーンワークも別に苦にならないという人にとっては、貿易事務は自分の能力を発揮できる職種と言えます。

上位決定!貿易事務向け転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 紹介可能地域 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細


TOP

貿易事務の職探しの基礎

条件別の貿易事務求人


Copyright (C) 2014 - 2018 貿易事務求人サイトランキング All Rights Reserved.