貿易事務の年収・給料

財団法人求人TOP >> 貿易事務の職探しの基礎 >> 貿易事務の年収・給料

貿易事務の年収・給料

貿易事務という仕事があります。単に事務作業を行なうのではなく、貿易に関係する事務の全般を行なうので、語学力も輸出入に関する知識や経験も求められます。ある意味で特別な事務なので、その分だけ年収も高そうに思えますが、実際はどうなのでしょうか?

「貿易事務の年収ってどのくらいなの?」
という声に、今回は答えたいと思います。

■貿易事務の年収は平均で300万円ちょっと
結論から先にいいますが、貿易事務の年収は平均で300万円ちょっとという数値になります。派遣社員、契約社員、正社員でも年収は変わってきますし、大企業、中小企業、日系企業、外資系企業などの違いで年収にも変化が出てきますが、総じて年収は300万円台に収まります。

「え? 普通の事務と変わらないじゃん。本当に?」
と感じる人もいるかもしれないので、以下に具体的な求人例を掲載したいと思います。

■貿易事務の年収例
以下は大手転職支援サービスに公開されている貿易事務の求人例になります。

求人例1 【募集職種】貿易事務
【必須の学歴・資格】TOEIC600点以上
【賃金】年収350万円以上
【就業時間】9:00〜18:00
【休日】月間で8日
【仕事内容】関西国際空港で国際貨物の輸出入に関する書類作成、エアライン専用端末へのデータ入力、税関申請に関するデータ業務、電話対応、メール対応、

求人例2 【募集職種】メーカーでの貿易事務
【必須の学歴・資格】事務経験3年以上、日常英会話
【賃金】年収300万円以上
【就業時間】9:00〜18:00
【休日】土日祝日
【仕事内容】メーカーでの貿易事務。シンガポール支店との輸出入の対応や手配、メールや電話対応、英語でメールや電話対応

いかがでしかた? もちろんこれ以上の年収例はありますが、その分だけ倍率は高くなります。

■群を抜いて高い年収を狙いたいなら、経験を売り込む
貿易事務でかなりの経験がある方は、平均年収以上の給料も狙えます。ただ、採用側もかなりの即戦力を求めてくるので、転職準備は慎重に行なってください。

理想をいえば、転職支援サービスなどに登録をして、担当者と二人三脚で履歴書の検討や面接対策などを行なった方がいいです。転職支援サービスとは民間企業が運営する民間版のハローワークのようなサービスです。 リクナビNEXTやイーキャリア、マイナビエージェントなど複数のサービスがあるので、幾つかに登録して求人探しのついでに助言を求めてみてください。

上位決定!貿易事務向け転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 紹介可能地域 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細


TOP

貿易事務の職探しの基礎

条件別の貿易事務求人


Copyright (C) 2014 - 2018 貿易事務求人サイトランキング All Rights Reserved.