貿易事務の再就職

財団法人求人TOP >> 貿易事務の職探しの基礎 >> 貿易事務の再就職

貿易事務の再就職

貿易事務の業務をしていた方が結婚や出産を理由に退職して、ある程度落ち着いた段階で再就職するというケースは珍しいことではありません。どの程度のブランクなのかにもよりますが、長くなければ経験者と同様に考えられるので、再就職することはそれほど難しくはないです。貿易事務は専門知識や語学力を必要とする仕事なので、採用側としても新たに教育や研修をする必要がなくて、即戦力となる経験者を求める傾向にあります。貿易事務の求人情報においても、貿易事務の経験者といった条件を明確に提示している企業も少なくないので、経験者はそれだけ優位になることが多いのです。

ただ、日々刻々と国際情勢も変化しますし貿易ルールについても細かい改定が繰り返されるので、それに伴い貿易事務の業務内容も変わる可能性があります。その為、ブランク期間が長いとそうした変化に対応することができなくて、様々なことを一から覚えなくてはならないこともあるのです。そうなると、いくら貿易事務としての経験が長かったとしても、再就職することはやや厳しいものになる可能性が考えられます。また、過去のやり方に固執して周囲から学ぶ姿勢が見られない人についても同様に、貿易事務の再就職は難しくなると言えるのです。逆に、ブランクが長くても謙虚に周囲から学ぶ姿勢が見られる人材なら、基本的な説明の不要なベテランと考えられて歓迎される可能性もあります。

いずれにしても貿易事務への再就職を成功させるために大事なことは、今後のキャリアプランをしっかりと考えておくことがポイントです。ただ単純に再就職できれば良いというものではないですし、目標を明確にしておくことで再就職先も選びやすくなります。貿易事務と一口に言っても業務内容や担当する仕事量は様々なので、再就職先の詳細を事前に把握するためにもキャリアプランは大事です。そうすれば自分の経験やスキルを武器として再就職の第一歩を踏み出すこともできますし、希望に叶う再就職を実現することもできます。

ただ近年は、産休制度や育児休暇制度などが充実している企業も増えているので、結婚してもそのまま勤務して産休後に職場復帰するケースも少なくないです。一度退職して再就職する道もありますが、産休制度などを上手に活用して辞めずに在籍しながら復帰するという方法も選択肢としてあります。どちらの道を選択するのかはそれぞれ個人の考え方があるので、一概にどちらが正解とは判断できないことですから、しっかりと検討することも大切です。

上位決定!貿易事務向け転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 紹介可能地域 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細


TOP

貿易事務の職探しの基礎

条件別の貿易事務求人


Copyright (C) 2014 - 2018 貿易事務求人サイトランキング All Rights Reserved.