貿易事務のやりがい

財団法人求人TOP >> 貿易事務の職探しの基礎 >> 貿易事務のやりがい

貿易事務のやりがい

貿易事務の仕事は事務作業がメインで、その業務には電話やメール対応、来客対応、各種書類の作成や伝票処理、データ入力など一見どのような会社でも行われている普通の事務作業のように見えます。しかし貿易事務は自社や取引先の営業担当者のサポートを行いながら輸出入の取引をスムーズに進めるための縁の下の力持ち的な役割を持つ重要な仕事です。そのため、船積書類や通関書類といった専門的な書類やそのための専門的な知識も必要になりますし、当然英語など取引先の言葉を使いこなすことができる必要があります。最近ではアメリカだけでなく、アジア各国が主要な取引先となってきているので、これまではあまりなじみのなかった中国語や韓国語などの語学力も求められるようになっています。

このように、一般的な事務よりも高度な知識が技術が求められる貿易事務ですが、その分常にスキルアップを目指し続けることができるというやりがいのある仕事です。語学力の幅が広がればそれだけ対応できる業務の幅も広がり、仕事への貢献度も高くなりさらなるやりがいを得ることができるでしょう。

また、中小企業の場合には単なる事務作業にとどまらず、営業のアシスタント的な作業を任されるケースもあります。そうなれば、取引先の担当者と直接コミュニケーションをとる機会も多くなり、より輸出入に深くかかわることができるでしょう。

大企業の場合にはそこまで直接的に業務に関わることは少ないかもしれませんが、一度の取引の内容が量にして何千トン、金額にして何千万と非常に規模の大きなものとなり、そういった大規模な取引に関わることができるというまた違ったやりがいを感じることができるでしょう。

日本未入荷の海外製品を初めて国内に流通させる場合には、「自分がこの商品を日本に広めるための役に立っているんだ」といった喜びややりがいを得ることができ、その商品がヒットすれば自分がその一助になったのかもしれないと人に自慢したくなるほど大きな達成感を得ることができるでしょう。

日常的に外国語を使い、時にはその国の文化や考え方に深く触れることもある貿易事務は、語学力の大きなスキルアップが目指せるほか、日本と諸外国とのビジネス感の違いやその国の内情を知らず知らずのうちに知る機会も多くなり、日々新たな発見がある中で自分自身を大きく成長させることのできる仕事でもあります。

グローバル化が進む社会の中の中心的な産業でもある貿易、それに関わることのできる貿易事務は非常にやりがいがあるとともに、一度そこで相当のスキルを身に着けることができれば性別関係なく長く活躍し続けることのできる仕事です。

上位決定!貿易事務向け転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 紹介可能地域 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細


TOP

貿易事務の職探しの基礎

条件別の貿易事務求人


Copyright (C) 2014 - 2018 貿易事務求人サイトランキング All Rights Reserved.