貿易事務のTOEICの基準

財団法人求人TOP >> 貿易事務の職探しの基礎 >> 貿易事務のTOEICの基準

貿易事務のTOEICの基準

貿易事務の職員は通常の事務員と違って、海外企業とのやり取りをサポートする役割になります。当然、海外の企業と業務を行なうのですから、語学力も必要になってきます。英語によるメール応対だけでなく、中には国際電話の応対といった業務も仕事に含まれてきます。

そう考えるとかなりの英語力などが求められると予想されますが、
「実際はどのくらいのTOEICがあればいいの?」
と疑問に感じる人も多いはずです。そこで今回は、貿易事務の仕事で不可欠な英語力、具体的にはTOEICのスコアを考えてみたいと思います。

■貿易事務に必要な英語力は、TOEICでいうと600点以上
結論から先にいいますが、貿易事務に必要な英語力のレベルはTOEIC600点以上程度になります。実際、リクナビNEXTやDODAなど大手転職支援サービスに公開されている貿易事務の求人をチェックしてみても、応募条件でTOEIC600点を1つのハードルにしている企業が多いです。 以下に幾つかの求人例を紹介するので、チェックしてみてください。

■TOEIC600の求人例1
最初は、工具などを扱う商社からの貿易事務求人になります。

【仕事内容】海外サイトを通じた販売に関する業務
【応募資格】専門・短大卒以上、TOEIC600レベルの英語力と実務経験
【年収】300万円から400万円
【勤務地】名古屋

という求人内容になっています。英語力に関してはTOEIC600を条件にしています。

■TOEIC600の求人2
産業機器メーカーの貿易事務求人になります。大手転職支援サービスの1つであるイーキャリアの公開情報を参考にしました。

【仕事内容】商品の品番・価格・在庫情報などに対する問い合わせ対応、技術的な質問に対する対応、クレーム処理、在庫管理、部品入出庫業務、輸出入貿易実務、ドイツ本社とのコミュニケーション 【応募資格】貿易業務ができる英語力レベル(目安TOEIC600以上)
【年収】300万円から500万円
【勤務地】静岡

世界十数カ国に販売網を持つタバコ包装機器のメーカーです。世界各国とのやり取りが業務の中に含まれる貿易事務の仕事です。

■TOEIC700点は欲しい
TOEIC600が貿易事務の仕事に応募する1つのハードルになっているといっても、実際に応募してくる人は、もっと英語が得意な人も集まります。900点以上を超える人材は集まらないにしても、700点を越える人材は多く集まります。

貿易事務の経験があれば問題ありませんが、未経験で貿易事務に転職を考えている場合は、TOEICで700点以上を取っておくと安心です。ただ600点以上でも応募可能な仕事はありますし、PCスキルや異業種での事務経験があるとかなり優遇されます。頭に入れておいてください。 実際の求人を見てみたい人は、実際に転職支援サービスに登録してみてください。

上位決定!貿易事務向け転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 紹介可能地域 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細


TOP

貿易事務の職探しの基礎

条件別の貿易事務求人


Copyright (C) 2014 - 2018 貿易事務求人サイトランキング All Rights Reserved.