貿易事務に多い苦労・悩み

財団法人求人TOP >> 貿易事務の職探しの基礎 >> 貿易事務に多い苦労・悩み

貿易事務に多い苦労・悩み

遠く離れた外国とやり取りをする貿易事務は、その距離や文化の違い故に苦労や悩みも少なくありません。

貿易事務は取引先の外国の企業と連絡を取り合うことも頻繁です。時差がある関係上、早朝や深夜に連絡が入ることも珍しくなく、たとえ「さて、帰ろう」と思ったタイミングでも重要な連絡があれば対応しないわけにはいきません。たとえ深夜自宅にいるときでも緊急性の高い連絡が入ればもちろんすぐさま返信しなければなりません。そのため、貿易事務は他の職種と比較しても残業の多い仕事だと言えるでしょう。

また貿易事務の業務は、商品を調達して保管先を確保し、相手先への配送手配をして出庫手続き、輸送手続き、関税手続き、そして無事相手先へ商品が到達するまで数多くの手続きや書類作成を行う必要があります。その業務の多さもさることながら、一つ一つの書類は記載内容も多くて難しく、莫大な金額や多くの人々のスケジュールを左右するため内容に少しのミスも許されません。そして当然納期も定められているため、限られた時間の中で、膨大な量の仕事を、ミスもなく正確にこなす必要があるのです。これはかなりストレスのたまる業務です。

また、天候や社会情勢に非常に多きな影響を受ける仕事でもあります。巨大台風や大地震で交通機関が麻痺してしまえば、その商品を使うすべての物事に大きな影響が出ます。必死にどこか別の場所から在庫を確保したり、何とか別の手段で輸送ができないかと現場は状況改善に大パニックになります。取引先の国の治安の悪化、経済状況の悪化など社会情勢の変化もスムーズな取引を難しくさせる要因です。貿易事務はこういった状況の変化に常に気を配りながら業務にあたる必要があるのです。

文化や考え方の違いから、時には取引先の外国人担当者とトラブルを起こしてしまうこともあります。日本では問題のないビジネス上のやり取りも、相手の国にとっては失礼にあたったり、日本人相手であれば正確に・十分に対応してくれるようなことでも外国人相手ではなかなか思い通りにいかないケースもあります。

トラブルの元は取引先の相手国にだけあるわけではありません。近年では国内でトラックドライバーなど輸送に関わる人手不足が進んでおり、運送会社自体倒産が相次いでいる状況です。そんな中で輸送手段の確保に苦労するケースが多くなっています。輸送手配ができず納品が遅れてしまえば、取引先に数千万を超える損害を出してしまう恐れもあります。これはとてもプレッシャーの掛かる仕事でしょう。

上位決定!貿易事務向け転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 紹介可能地域 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細


TOP

貿易事務の職探しの基礎

条件別の貿易事務求人


Copyright (C) 2014 - 2018 貿易事務求人サイトランキング All Rights Reserved.