貿易事務と通関士の資格

財団法人求人TOP >> 貿易事務の職探しの基礎 >> 貿易事務と通関士の資格

貿易事務と通関士の資格

輸出入により国内産業が大きな打撃を受けないよう保護する目的で設けられているのが関税で、輸入する際には申告と一緒に関税申告も必要になります。これは輸出においても同様で、こうした税関手続きをコーディネートする仕事をしているのが、通関士という国家資格を取得している人です。財務省が認定する資格で業務内容を考えると本格的な国際派の資格と言えますが、単に国家試験に合格しただけでは通関士にはなれません。税関長が許可した通関業者に勤務して通関部門に配属されて、通関士として業務に就くことを税関長が確認しなくてはなれないのです。

通関業者として業務を行うためには、原則営業所ごとに1名以上の通関士を置く必要があると通関業法で決められているので、通関士として活躍できる場所は通関業者と言えます。しかし単に通関業者だけではなくて、通関手続きや輸入に関連する知識があれば通関業者との交渉もスムーズになるので、輸出入を必要とする一般企業で活躍することも可能です。実際に通関士としての業務は遂行できなくても、通関士の資格取得者は貿易事務で十分に知識を生かすことができる有用な人材と企業では評価します。具体的な勤務先として考えられるのは、輸出入を専門に営む商社や貿易会社などをはじめ、海外事業部門があるメーカーや百貨店などです。また、外為業務を実施している銀行、海上保険を取り熱っている損保会社、国際物流を実施している運輸会社や倉庫会社など、幅広い選択肢があります。

どのような企業に勤務してどこの部署に配置されるのかで、貿易事務の具体的な業務内容も異なるので、場合によっては管理者や先輩から仕事を一から教わることもあります。また他の職場に転職することで、今までのキャリアだけでは不十分なこともあるので、資格を取得していることに甘えないで、しっかりとしたキャリア形成をはかっていくことも大事です。あくまで通関士の資格は貿易事務の仕事のベースにある基本知識で、まだまだ学ぶことはたくさんあると認識しておく必要があります。

ビジネスの国際化が活発になって海を渡り様々な物が出入りする現在では、通関士は益々必要とされる人材ですし、様々な企業で必要となる存在です。先にも触れたように、単に通関士の資格を取得しているというだけで、即採用にはならないでしょうが、貿易業界への転職に有利に働くことは考えられます。貿易業界への転職を考えているのなら、通関士の資格とやる気をしっかりとアピールできるようにしておくと良いです。

上位決定!貿易事務向け転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 紹介可能地域 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細


TOP

貿易事務の職探しの基礎

条件別の貿易事務求人


Copyright (C) 2014 - 2018 貿易事務求人サイトランキング All Rights Reserved.