貿易事務の離職率

財団法人求人TOP >> 貿易事務の職探しの基礎 >> 貿易事務の離職率

貿易事務の離職率

「貿易事務はハードだよ」と語る人が居ました。取引先との時差の関係で残業が当たり前になってしまったり、日本の常識が通じずに余分なエネルギーを使ったりと、貿易事務なりの苦労があるそうです。 「仕事が厳しいなら、離職率は高いの?」 と思う人も居るかもしれません。実際はどうなのでしょうか? 今回は貿易事務の離職率を考えてみたいと思います。

■貿易事務の離職率は、会社による
結論から先にいいますが、貿易事務に就いている人の離職率は、会社によってかなりのばらつきがあります。 正確な統計が見付からなかったので、求職者と離職者の言葉を拾って判断した結果に過ぎません。人気のある職種なので、正社員というポジションに就いた人間は、基本的になかなか辞めない傾向もあります。

それでも、職場によってかなり離職率が変わるという情報もありました。同じ貿易事務の仕事をしている人でも、会社によって労働環境が異なり、労働の負担感もかなり違うようです。 考えてみれば、貿易事務の仕事といっても、いろいろな業種から募集が出ています。輸入や輸出の相手国も会社によって違いますし、取引先との時差も商習慣の違いもそれぞれです。 仕事内容の違いだけではありません。部署のメンバーでもかなり労働環境は異なります。上司によっても仕事の負担感は違ってきますし、会社の終業ルール、暗黙のルールによっても変わってきます。

できれば、離職率の低い企業を選びたいですね。

■大量募集している会社、常に求人を出している会社は、離職率が高い可能性がある
では、どうやって離職率の高い会社を見分ければいいのでしょうか? 参考になる考え方はあります。貿易事務の仕事を探す際に、リクナビNEXTやDODAなど転職支援サービスを利用すると思います。その転職支援サービスに、

・常に人材募集が出ている会社
・大量募集が出ている会社


は、怪しいです。離職率が高いため、常に人員補充を頑張らなければいけない企業である可能性が高いです。 ただ、以上のような特徴を持たない企業の中にも、離職率の高い会社が紛れている可能性は常にあります。最も安全な方法は、登録した転職支援サービスの担当者に、率直に質問をしてしまえばいいのです。 その手のサービス担当者は、求人掲載を希望する企業にかなり突っ込んだ形で取材をしています。いろいろな情報を持っています。応募を検討する企業の離職率は、必ず質問してみてください。

上位決定!貿易事務向け転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 紹介可能地域 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細


TOP

貿易事務の職探しの基礎

条件別の貿易事務求人


Copyright (C) 2014 - 2018 貿易事務求人サイトランキング All Rights Reserved.