貿易事務の仕事内容

財団法人求人TOP >> 貿易事務の職探しの基礎 >> 貿易事務の仕事内容

貿易事務の仕事内容

貿易事務の仕事は、外国語でのメールや電話対応、通関業者への輸入手続き、乙中業者との出荷調整、納入の調整、売上・仕入れの計上、支払い、データ入力業務などいろいろあるので、難易度も高そうに見えます。 「未経験ではちょっと厳しいかな?」 と感じる人も多いのではないでしょうか? そこで今回は、貿易事務の仕事内容と難易度を考えてみたいと思います。

■貿易事務の仕事は、慣れが最も重要
結論から先にいいますが、貿易事務の仕事は慣れが一番です。採用のプロセスで経験者が優遇される理由は、貿易関連業務への慣れが最も仕事をする上で重要だからです。

貿易事務は確かに特殊な世界に思えます。しかし、貿易という業務に多くの人が不慣れなだけであって、一度その世界のルールを覚えてしまえば、業務内容そのものは意外と単純だと気付くようになります。 英語によるメール対応であっても、定型を覚えてしまえば、基本的に後は内容を変えるだけです。書類作成、データ入力、輸入通関書類のチェックなども、書式や記述ルールに慣れてしまえば、それほど難易度が高いわけではありません。

未経験でも応募可能な貿易事務求人がある点、貿易事務職員の平均年収が300万円台で止まっている点を併せて考えれば、それほど特別な能力が求められるわけではないと分かるはずです。

■派遣からでもいいので業界に潜り込む努力をする
未経験から貿易事務の業界に潜り込みたい場合は、派遣社員や契約社員からキャリアを積むといいと思います。派遣や契約社員で3年以上、理想は5年の経験を積めば、正社員で採用してくれる会社はかなり見付かります。

今すぐ正社員にチャレンジしたいと思っても、TOEICなどで高得点を持っていたり、貿易事務検定の資格を持っていたり、貿易関連ではないけれども事務の経験を豊富に持っていたりしないと厳しいです。

■まずは実際の求人を眺めてみる
経験者であろうと未経験者であろうと、正社員希望であろうと非正規社員希望であろうと、リクナビNEXTなど転職支援サービスに登録をして、実際に求人がどれだけ出ているかチェックしてみてください。

求人情報を見れば、企業がどの程度の仕事を、どの程度の人材に任せようと思っているのか、よく分かります。貿易事務の仕事内容も想像しやすくなります。 その上で自分に今何が必要なのか、考えてください。対策のための材料になります。

上位決定!貿易事務向け転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 紹介可能地域 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細


TOP

貿易事務の職探しの基礎

条件別の貿易事務求人


Copyright (C) 2014 - 2018 貿易事務求人サイトランキング All Rights Reserved.