50代の貿易事務求人

財団法人求人TOP >> 条件別の貿易事務求人 >> 50代の貿易事務求人

50代の貿易事務求人

先日、50代の女性と立ち話をする機会があったのですが、50代になると事務の仕事に就こうと思っても、かなり厳しいみたいです。 強く同意する同世代の方、多いのではないですか? 貿易事務の世界も一緒で、50代の半ば以降になると、なかなか厳しいという現実があります。そのため、

「50代で貿易事務の仕事に就こうと思っても、厳しいの?」 と不安になってしまう人も多いはずですが、実際は違います。やり方次第で可能性はあるのです。そこで今回は50代の方に向けて、貿易事務の求人にチャレンジする方法を考えたいと思います。

■50代でも貿易事務の求人に応募するチャンスはある
大前提の知識として覚えておいて欲しいのですが、貿易事務の求人を出している会社の中で、年齢制限を設けている場所は少ないです。実際に採用となると若い方が有利ですが、年齢で門前払いされるケースはほとんどないので、積極的にチャレンジする姿勢が重要になります。

また、貿易事務の仕事は、年齢よりも経験を重視します。仮に他の仕事場で貿易事務の経験がある、あるいは異業種でも事務の経験が豊富にある場合は、50代でも採用してもらえる可能性は高いです。

特に非正規社員の場合、チャンスは高まります。もちろん正社員にも挑戦はできます。年齢の偏見に、自分自身が負けないようにしてください。

■50代で未経験の場合は、語学力やPCスキルを売り込む
50代で貿易事務、あるいは事務の経験が無い場合は、能力を売り込んでください。50代で未経験でありながら貿易事務の仕事を志望するとなると、語学力に自信があるのではないでしょうか?  貿易事務の仕事は、

・語学力
・PCスキル

が実務経験の次に評価されます。語学力といっても求められる能力はTOEICで600点程度なので、その中で800点以上を持っていれば、かなりのアピールになります。 また、他の会社で重役に同行して通訳をした経験があったり、秘書の経験があったりすると、貿易事務でも応用が利くので、前職の経験を存分にアピールできます。

■50代の貿易事務転職では、転職支援サービスの利用が不可欠
経験者であろうと未経験者であろうと、50代で貿易事務の仕事に応募する場合は、転職支援サービスを利用した方がいいです。転職支援サービスとは、リクナビNEXTなど民間企業が運営する民間版のハローワークのような場所になります。

その手のサービスに登録すると、貿易事務の求人を紹介してもらえるだけでなく、自分の売り込み方を担当者が一緒になって考えてくれます。50代という一般的なハンデキャップをひっくり返す戦略を、プロの視点からアドバイスしてもらえるのです。

無料なので安心してください。幅広い情報源を確保するためにも、気になったサービスに幾つか同時登録して、いろいろな方面から情報と助言を集めてください。 チャンスはあります。頑張ってください。

上位決定!貿易事務向け転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 紹介可能地域 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細


TOP

貿易事務の職探しの基礎

条件別の貿易事務求人


Copyright (C) 2014 - 2018 貿易事務求人サイトランキング All Rights Reserved.