既卒可の貿易事務求人

財団法人求人TOP >> 条件別の貿易事務求人 >> 既卒可の貿易事務求人

既卒可の貿易事務求人

かつての就職事情は新卒至上主義といった感がありましたが、ここ数年は企業の規模や職種に関わらず積極的に第二新卒を採用する向きを見せています。貿易事務も例外ではありません。どちらかと言えば貿易事務は中途採用がメインであり、企業側も経験者を積極的に募集しているので、既卒であっても貿易事務やそれに近しい実務経験があれば就職も決して難しくはないでしょう。

歴史のある日系の大企業となるとやはり採用枠の何割かは必ず新卒者で、と決まっている場合が多くなりますが、それでも十分なスキルや経験があれば既卒者として採用されることも不可能ではありません。また規模の小さい中小企業は限られた社員で業務を回す必要があるため即戦力となる人材を求めています。そういった企業であれば比較的採用されやすいでしょう。

では既卒者で未経験の場合はどうでしょうか。基本的には未経験者の場合は新卒者に限るとしている企業が多いため、もしもそういった企業に就職を希望している場合は事前に貿易実務者検定のような実務に即した資格を取得しておくか、貿易実務に関する講習会に参加するなどある程度の知識やスキルを身に着けておくのがいいでしょう。貿易事務は派遣社員としての採用が一般的ですが、人材派遣会社によっては社内で貿易事務の研修を開催していたり、資格取得のための支援を行っているようなところもあります。そのような制度が充実している人材派遣会社に登録しておけば、効率的に実務経験を積むことができ、スムーズに貿易事務として仕事を始めることができるでしょう。

既卒者で貿易事務の経験や貿易実務に関する知識がなくとも、ある程度の語学力があれば採用される可能性が高くなります。特に最近は中国をはじめとするアジア各国との貿易が盛んになってきており、英語だけでなく中国語や韓国語などアジア圏の語学力も求められています。英語に比べるとそれらの言葉に堪能な人材はまだまだ少ないのでもしこうしたスキルがあるのであれば採用は有利になるでしょう。

語学力に次いで求められるのがPCスキルです。これは一般的な事務職でも同様ですが、WordやExcel、PowerPointといった基本的なOffice系ソフトウェアの操作が不自由なくできる程度のPCスキルは必須となります。

既卒者でも経験の有無や企業の規模、貿易実務以外の保持スキルによっては貿易事務として就職することは決して難しくはないことはお分かりいただけたかと思いますが、それでも日常会話レベルの英語スキルは身に着けていることが大前提となります。まずは語学力を習得するところからスタート、となると相当長い道のりが予想されるので、ある程度自分の持つスキルと希望する職種で求められているスキルとのバランスを見ながら就職活動を進めることが大切です。

上位決定!貿易事務向け転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 紹介可能地域 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細


TOP

貿易事務の職探しの基礎

条件別の貿易事務求人


Copyright (C) 2014 - 2018 貿易事務求人サイトランキング All Rights Reserved.