子育て支援あり貿易事務求人

財団法人求人TOP >> 条件別の貿易事務求人 >> 子育て支援あり貿易事務求人

子育て支援あり貿易事務求人

貿易事務の仕事をしたいと思っている女性の方もいるでしょう。この場合、たとえいまは結婚していなくても結婚して子供ができたときのことを想定して、どこで仕事をするのが家庭との両立がしやすいかを考えることが大事です。特に長期的なキャリアを築きたいと思っている人は、育児支援に積極的な企業の貿易事務の案件に応募すべきです。なぜかというと、貿易事務の仕事はもともと家事との両立の難しい職種だからです。

貿易事務の仕事ですが、海外との取引が中心となります。海外と取引をするにあたって、どうしてもコミュニケーションを取る際に時差のことを考えないといけません。取引している地域によっては、夜遅くならないと取引先とコンタクトが取れないケースも十分考えられます。そうなると残業がどうしても多くなってしまうのです。もし独身と同じような仕事を求められてしまうと、育児をしながらの仕事はかなりハードになります。肉体的にも精神的にもまいってしまって、最終的に離職せざるを得なくなるかもしれません。また子どもは仕事をしている間、保育園に預けることになるでしょうが、保育園も夜遅くまで子どもを預かってくれないところが多いです。残業の多い仕事の場合、子どもを誰が引き取りに行くかという問題も出てきます。

しかし貿易事務の募集の中には、子育てとの両立のしやすい福利厚生を用意しているところも結構あります。特に大企業に多く見られるのですが、産前産後はもちろんのこと育児休暇として、子どもがある程度の年齢になるまで休業できる案件も出ています。また時短勤務といって、通常よりも短い勤務時間で仕事のできるような募集も見られます。夕方ごろになると仕事を切り上げることができるので、無理なく育児と仕事の両立を測れます。

もし将来子育てをしながら仕事を続けようと思っているのであれば、貿易事務の採用試験を受けたときに「子育てをしながら貿易事務の仕事をしている人は御社にはどのくらいおられますか?」と質問しておくと良いでしょう。ママさん貿易事務がたくさんいるとなれば、それだけ育児との両立がしやすく、会社も積極的にサポートしていることがうかがえます。またママさん貿易事務の方が周りにいれば、たとえば子育てをしているときに壁にぶち当たって悩んでいるときでもいろいろと相談ができます。さらに子どもは急に熱を出すとか怪我をすることもあり、保育園などに駆けつけないといけないこともあるでしょう。そのような時でも育児経験のある人が周囲にいれば、その辺の事情を理解してくれるので、早退や急に休むことになってもあまり肩身の狭い思いをせずに済みます。

上位決定!貿易事務向け転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 紹介可能地域 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細


TOP

貿易事務の職探しの基礎

条件別の貿易事務求人


Copyright (C) 2014 - 2018 貿易事務求人サイトランキング All Rights Reserved.