総合職採用の貿易事務求人

財団法人求人TOP >> 条件別の貿易事務求人 >> 総合職採用の貿易事務求人

総合職採用の貿易事務求人

一般的に事務系の仕事というのは、総合職と一般職の中でも一般職扱いとして募集の出ることが多いです。貿易事務に関しても、一般職で求人情報の出ることが多いです。しかしすべてが一般職というのではなく、総合職として貿易事務の募集を出している会社もあることはあります。総合職の場合、昇進などの可能性もありますのでキャリアアップを希望して貿易事務の募集を探している人におすすめです。

ただし総合職の貿易事務の求人ですが、一般職と比較するとハードルが多少高く設定されている傾向があります。一般職を見てみると、若い人材を対象として未経験者でも応募可としている案件も見られます。しかし総合職の貿易事務の募集の場合、まず海外貿易事務手続きの経験者でないと応募できない案件が中心です。また貿易事務をするにあたって、英語力が当然のことながら求められます。一般職の場合、英語力に関してそれほど明確な規定を求人情報で明記していない案件が多いです。しかし総合職の場合、具体的なハードルを設けている案件が増えます。会社によって条件は異なりますが、少なくても英検2級を保有しているか、TOEICのスコアが500点以上ないと応募するのは難しいでしょう。

大手の会社の場合、OJTとか各種の研修プログラムを設けている場合もたまにあります。その中で英語力や貿易事務のノウハウを学習できるような求人情報もあるにはあります。しかしそれでも日常会話レベルの英会話が問題なくできるだけのスキルを入社時に求めています。総合職の貿易事務に応募するのであれば、英語力は必須だと思って求人情報をチェックすることです。

総合職の場合、いくつかの部署をローテーションで回って、いろいろな業務を経験することが多いです。貿易事務として募集を出していても総合職の場合、他の仕事もいずれ担当することがあるかもしれません。例えば実際に出ていた求人情報をピックアップしてみると、貿易事務の他に国内外の営業を担当するスタッフの募集がありました。事務系の仕事というと、パソコンに向かってデスクワークばかりしているようなイメージを持っている人もいるでしょう。しかし上の案件の場合、営業の仕事も人事異動でいずれ任されることになります。営業となると得意先を回って、いろいろとコミュニケーションをとっていかないといけません。ですから外交的な人で、初めて会う人とも気さくに話ができるような方でないと仕事を続けるのは難しいかもしれません。

上位決定!貿易事務向け転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 紹介可能地域 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細


TOP

貿易事務の職探しの基礎

条件別の貿易事務求人


Copyright (C) 2014 - 2018 貿易事務求人サイトランキング All Rights Reserved.