英語が活かせる貿易事務求人

財団法人求人TOP >> 条件別の貿易事務求人 >> 英語が活かせる貿易事務求人

英語が活かせる貿易事務求人

世界の共通言語は英語です。仕事や趣味に役立てたいと思い、英語を熱心に勉強する日本人は多いですが、実際に英語をできるようになったところで、どれくらい仕事に生かせるのか、ご存じでしょうか? 例えば貿易事務という仕事がありますが、英語ができればそういった仕事には簡単に就けるのでしょうか? そこで今回は、大手転職エージェントなどの情報を基に、英語を生かせる貿易事務求人の有無をチェックしてみたいと思います。

■英語ができれば、貿易事務の仕事は山のようにある
結論から先に言いますが、英語ができれば貿易事務の仕事は山のようにあります。その理由は主に2つありますが、

1. 英語を公用語としている人の数は14億と世界一にのぼる
2. 日本と貿易面で結び付きの強いアメリカやオーストラリアは英語を使用している


という事実があるからです。 実際、大手の転職エージェントに集まっている求人をチェックしてみても、英語を生かせる貿易事務の仕事は、正規・非正規を含めて膨大にあると分かります。非常に重要なポイントなので、少し詳しく見てみましょう。

■1:英語を公用語としている人の数は14億と世界一にのぼる
英語を母国語としている人の数は5億人近くいますが、英語を公用語としている人の数は合計すると14億人近くにのぼります。この数字は現状で世界一の数なので、貿易立国の日本の場合、英語圏の国々とのやり取りは自然と増えていきます。

■2:日本と貿易面で結び付きの強いアメリカやオーストラリアは英語を使用している
財務省の貿易統計を見ると、現状で貿易の取引量が最も多い国は中国ですが、第2位はアメリカ、第3位はオーストラリアになります。 これらの国はご存じの通り英語を母国語とする国ですし、その他に取引量が多い中国やサウジアラビアやアラブ首長国連邦、韓国のエリートたちは総じて英語を自由自在に操るので、貿易の場面で最も使われている言語は英語です。そういった背景を見ても、英語を生かせる貿易事務求人は膨大に出ていると分かります。

■英語を生かせる貿易事務求人は、逆に選びきれないほどある
逆に、英語を生かせる貿易事務求人は、選びきれないほど存在すると言えるかもしれません。特に非正規の求人を含めると中小規模の商社からも募集が出ているので、個人の力では把握できないくらいに求人が存在すると考えた方がいいかもしれません。 だからこそ、人材派遣会社や転職エージェントのようなサービスを利用した方が効率のいい転職活動ができると思います。英語のできる人は、その手のサービスを積極的に利用して、自分を最高に買ってくれる会社を選ぶといいかもしれませんね。

上位決定!貿易事務向け転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 紹介可能地域 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細


TOP

貿易事務の職探しの基礎

条件別の貿易事務求人


Copyright (C) 2014 - 2018 貿易事務求人サイトランキング All Rights Reserved.