一般職採用の貿易事務求人

財団法人求人TOP >> 条件別の貿易事務求人 >> 一般職採用の貿易事務求人

一般職採用の貿易事務求人

一般的に会社で事務系の人材を獲得する場合、一般職として採用します。貿易事務も一部例外はありますが、基本的に他の事務系の職種同様、一般職扱いで採用している案件が多いです。ただし貿易事務の場合、語学力が必要とか、関税関係の書類を取り扱うなど事務系の中でも専門的な要素の強い仕事になります。そのようなこともあって、他の事務系と比較すると、扱いや待遇が異なる会社も少なくないです。

どのような業種でも一般事務は必要不可欠なスタッフですが、多くの会社で一般事務は部署が途中で変わることはままあります。しかし貿易事務を見てみると、途中で部署の変わることはほとんどないと言っていいでしょう。貿易という狭く深い分野を担当しているので、他になかなか変えられないからです。ただし大企業になるとセクションが細分化されていて、貿易でも輸出と輸入の部署が分かれているケースもあります。この場合輸出の仕事をしていた貿易事務がしばらく経って、輸入の部署に配置転換されることはあるかもしれません。しかし少なくても貿易事務でキャリアを重ねてきた人が、途中で一般事務に人事異動を求められることはまずないでしょう。

グローバル化が進んでいて、今では海外の企業と取引がある、現地に営業所や支社を設けているという会社は業種関係なく増えてきています。このため、貿易事務の人材を求める企業は増加傾向にあります。いろいろな業種で募集が出ていますので、今後どのようなキャリアを歩みたいかを決めて応募先を決めると良いでしょう。

ただし貿易事務の求人を見てみると、貿易の業務にかかわった人であれば、業種に関係なく優遇するといった案件も多いです。例えば貿易事務である業界の仕事に携わったけれども、どうも自分にはなじんでいないと思うのであれば、キャリアチェンジはしやすいです。しかしコロコロ業種を変えていると、なかなか特定のジャンルでのキャリアアップはできなくなります。そこで安易に転職をするのではなく、自分はどの業種で仕事をしたいのか、適性があるのかを考えてみましょう。

中小企業でも海外の企業とビジネスをしているケースも珍しくなくなっています。海外とビジネスをしている中小企業でも、一般職としての貿易事務の求人を出すことがあります。中小企業の場合、社員の絶対数が少ないので、どうしても一人あたりの担当する業務の範囲が広くなります。会社によっては一般事務や営業事務の仕事も兼業になることもありうるので、仕事内容を確認して応募するかどうかを検討しましょう。

上位決定!貿易事務向け転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 紹介可能地域 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細


TOP

貿易事務の職探しの基礎

条件別の貿易事務求人


Copyright (C) 2014 - 2018 貿易事務求人サイトランキング All Rights Reserved.