韓国語が活かせる貿易事務求人

財団法人求人TOP >> 条件別の貿易事務求人 >> 韓国語が活かせる貿易事務求人

韓国語が活かせる貿易事務求人

日本の企業の中には、隣国である韓国と取引をしているところもあります。一時期日韓関係が政治的な事情もあってかなり冷え込んだこともありましたが、改善傾向が見られ、再びビジネスが活発になりつつあります。韓国とビジネス面で深くつながっている企業の中には、韓国語のできる貿易事務の募集を出すこともあります。韓国語の話せる人で貿易事務の求人に応募する前に、どの程度の語学スキルが要求されるかをチェックしておきましょう。

韓国語のできる貿易事務を募集している案件がたびたび出ていますが、要求される語学スキルはけっこうまちまちです。たとえば日常会話ができるレベルの韓国語スキルがあれば応募できる案件もあれば、ビジネスレベルの専門性の高い韓国語の話せる人を募集している求人も見られます。自分の韓国語のレベルを考えて、応募できるかどうかを見極めましょう。また韓国語だけ使いこなせれば応募できる案件のある一方で、英語が話せて付帯条件として韓国語の喋れる貿易事務を募集しているものも掲載されています。日常会話の韓国語の話せる人でも応募可としている案件の中で、ビジネス英会話のできる人材を募集していることが多いです。

貿易事務の求人の中で、韓国語の話せることは企業によってはアピールポイントになりえます。しかしあくまでも重要なのは、貿易事務の仕事が務まるかどうかです。韓国語の話せる貿易事務の募集を見てみると、貿易事務の経験者を対象にした案件はやはり多いです。未経験者の場合、正社員の募集でなかなか自分が応募できるような求人を見つけるのは大変でしょう。貿易事務の経験が応募時点でできれば3年・少なくても1年程度ないと応募できない求人が中心です。もし未経験者で、韓国語スキルを生かして貿易事務の仕事をこれから続けていきたいと思っているのであれば、派遣会社のスタッフになるかパートタイマーの仕事を探してみると良いでしょう。パートタイマーの案件の場合、貿易事務のアシスタント業務の求人もあって、この場合未経験者でもOKとしているものも少なくないです。また派遣会社に登録すれば、派遣業者によって貿易事務のことについて学べるプログラムを開講しているケースもあり、ここで貿易事務の基本的なことを勉強できます。

貿易事務の仕事は、数字に強い人に向いているとされます。そこでたとえば簿記の資格などを持っていると、採用の際に高く評価される可能性があります。簿記の資格を持っている人は、面接の時などにどんどんPRした方が良いでしょう。

上位決定!貿易事務向け転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 紹介可能地域 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細


TOP

貿易事務の職探しの基礎

条件別の貿易事務求人


Copyright (C) 2014 - 2018 貿易事務求人サイトランキング All Rights Reserved.