大手企業の貿易事務求人

財団法人求人TOP >> 条件別の貿易事務求人 >> 大手企業の貿易事務求人

大手企業の貿易事務求人

会社員として働くなら大企業で働きたいと考える人は多いのではないでしょうか? ただ実際問題として、多くの人が大企業で働きたいと思う以上、就職するためにはかなりの競争倍率を勝ち抜かなければいけません。貿易事務の仕事も一緒のはずです。

そこで今回は、大企業の貿易事務求人はどの程度出回っているのか、その競争倍率はどの程度なのかを考えてみたいと思います。

■経験者であれば、貿易事務求人は大手に入り込む穴場
結論から先に言いますが、貿易事務の仕事は中途採用で大手企業に潜り込むための穴場のような場所だと言えるかもしれません。大企業は基本的に新卒を一括採用して、そのまま育てていくパターンが多いですが、貿易事務の仕事は語学力などを求められる特殊な仕事なので、即戦力であれば三井物産や住友系の企業にも中途採用されるチャンスはかなりあるようです。

ただ、当然ですが採用されるためには、豊富な実務経験とTOEICにして800点ほどの英語力が求められます。この基準に達している人は積極的に大手の企業に挑戦すればいいですし、仮に達していない人は将来の転職のために準備を開始するといいかもしれません。

■経験は非正規社員で磨く
貿易事務は仕事内容が特殊ですし外国語の能力も求められるので、未経験の人材では正社員としての採用は厳しいです。しかし、現実は貿易立国日本において貿易事務の仕事がかなり多いので、非正規社員という雇用形態で保険を掛けながら人材を積極的に採用している企業は多いです。

例えば関東で言えば横浜の関内や東京の品川辺りに膨大な二ーズがあるので、未経験の人はまずその辺りで非正規社員として5年ほど経験を積めれば理想的です。5年ほど経験を積んで語学力にも磨きを掛けておけば、大手企業への転職も十分可能になります。5年の経験を積んだ時点で年齢が30歳前後であれば、大手企業での正社員採用への可能性も高まります。

以上、大手企業での貿易事務求人に関する基本的な情報でしたが、いかがでしたでしょうか? 大手企業からでも正社員の貿易事務求人は出ています。ただ、未経験だとどうしても採用は厳しいので、未経験者は非正規社員からキャリアをスタートするといいと思います。 貿易事務は大手企業に潜り込むためにはかなり有力な選択肢です。経験と語学力を武器に、大逆転の転職を実現してみださい。

上位決定!貿易事務向け転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 紹介可能地域 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細


TOP

貿易事務の職探しの基礎

条件別の貿易事務求人


Copyright (C) 2014 - 2018 貿易事務求人サイトランキング All Rights Reserved.