学歴不問の貿易事務求人

財団法人求人TOP >> 条件別の貿易事務求人 >> 学歴不問の貿易事務求人

学歴不問の貿易事務求人

大手企業に就職する場合、けっこう学歴の重視される傾向があります。新卒や第二新卒のような社会人としてのキャリアが十分でない人ほど、学歴の重視される傾向があります。しかし貿易事務、しかも中途採用の求人に応募するのであれば、学歴不問の案件が多いです。高卒以上の学歴を持っているのであれば、ほとんどの求人に応募できるといっても良いでしょう。貿易事務の場合、採用基準として学歴よりもそれまでの経験や能力の方を重視する傾向があるからです。

まず貿易事務として実務経験を持っている人であれば、かなり高く評価されます。中途採用の募集を出している企業を見てみると、即戦力になるような人材を求めているものが多いです。貿易事務として仕事をしたことのある人の方が、即戦力という部分では未経験者と比較すると一日の長があります。しかもできれば、募集している企業の業界の貿易事務の経験があればさらに評価は高まります。たとえば業界ごとで専門用語や貿易手続きをするにあたって、特別なしきたりのようなものがあるかもしれません。業種の経験があれば、そのような専門的な事情にも明るいのですぐに仕事のやり方をマスターしてくれると雇う側も期待を持ちます。

未経験者の場合、学歴よりも能力の方を重視します。では貿易事務として好ましい能力としてどのようなものがあるでしょうか?やはり無視できないのは英語力です。関税の手続きや先方の会社とのやり取りは基本英文となります。ですから英語で書かれた文書の内容を把握して、英文を作成できるだけのスキルは必要です。語学力を知るにあたって、TOEICのスコアを採用するときに重視する企業は多いです。貿易事務の求人を見てみると、求められるTOEICのスコアですが企業によって多少の差はあるものの、だいたい600点以上は欲しいところです。日常会話に関してはスムーズにコミュニケーションできるだけの能力です。しかし中にはさらに上のレベル、ビジネス英会話が無理なくできる人を対象にした求人を出している企業も見られます。

メールのやり取りをしたり、文書を作成したりするのでパソコンスキルも要求されます。しかしパソコンスキルといってもそれほどレベルの高い技術は要求されません。ワードやエクセル、パワーポイントのようなオフィスソフトの基本が理解できていれば問題はないでしょう。このように経験や貿易事務として必要な能力の有無を重視する傾向があって、学歴はほとんど考慮されないと思って良いです。

上位決定!貿易事務向け転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 紹介可能地域 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細


TOP

貿易事務の職探しの基礎

条件別の貿易事務求人


Copyright (C) 2014 - 2018 貿易事務求人サイトランキング All Rights Reserved.