激務ではない貿易事務求人

財団法人求人TOP >> 条件別の貿易事務求人 >> 激務ではない貿易事務求人

激務ではない貿易事務求人

貿易事務は仕事の内容上、どうしても忙しくなります。いろいろな問い合わせをさばき、調べ物や確認作業で関係各所に電話を入れ、トイレに向かう暇も無いまま山積みの書類を崩しているうちに終電の時間が近づいてくるという職場も、当たり前にあるのではないでしょうか? そこで今回は、大手転職エージェントや実務経験を持つ人の話などを参考に、激務ではない貿易事務求人の探し方を考えてみたいと思います。

■契約社員であっても、激務の貿易事務がほとんど
前提として再確認しておきたいのですが、貿易事務の仕事は忙しいと考えた方がいいです。正規社員はもちろん時間労働の非正規社員であっても、繁忙期は残業代を含めて月収が40万円まで届いてしまうほど、仕事は忙しいです。

非正規社員の貿易事務求人を見ても通常は9時から17時、9時30分から17時30分といった感じで就業時間が決まっていますが、実際に仕事を開始してみると残業が求められて、結局は帰宅時間が終電間際になるといった職場が普通にあると、実務経験のある人も語っていました。

そう考えると、貿易事務の仕事をやる以上は多少、激務は覚悟しなければいけないのかもしれません。非正規の社員であっても1,700円など通常の事務職員より高い時給を受けられる理由は、単に語学力が評価されているからではなく、それだけの労働を任せられるからだとも言えるはずです。

■それでも激務の貿易事務を避けたい場合は?
ただ、現実問題として子育て中で残業できないという人も居るはずです。語学力に優れ、事務の経験も持っていながら、残業がネックで働けないとすればあまりにも残念ですよね? 日本経済にとっても損失です。

仮に激務の無い貿易事務の仕事を探したいなら、率直に派遣仕事の紹介会社や転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談をしてみるといいです。どうしても残業はできないという事情を伝え、それほど残業も多くなく激務も求められない職場を紹介してもらえばいいのです。 数は多くはありませんが、激務の無い貿易事務の求人は0ではありません。自力の職探しではその辺りの実情は分かりづらいので、激務を避けたい方は転職エージェントや人材派遣会社を上手に利用してみてください。

以上、激務ではない貿易事務求人の考え方でしたがいかがでしょうか? 繁忙期でない限り激務は少ないといった貿易事務の仕事はそれなりにあります。そうした仕事を自分で探そうと思ってもなかなか簡単ではないので、上手に転職エージェントや人材派遣会社を利用して探せるといいですね。頑張ってください。

上位決定!貿易事務向け転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 紹介可能地域 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細


TOP

貿易事務の職探しの基礎

条件別の貿易事務求人


Copyright (C) 2014 - 2018 貿易事務求人サイトランキング All Rights Reserved.