海外就職の貿易事務求人

財団法人求人TOP >> 条件別の貿易事務求人 >> 海外就職の貿易事務求人

海外就職の貿易事務求人

海外に支社を持つ貿易会社の場合、営業や経理、バイヤーや生産技術者であれば海外支社に常駐して働く場合もあります。一方で貿易事務は、その業務内容が貿易書類の作成や出荷・製造・営業等各部門との連絡や調整作業が主であり、インターネットや電話が利用できれば国内の事務所で対応できるため海外勤務となることはほとんどありません。

海外勤務を希望する場合は、現地の常駐メンバーとして派遣されるか、現地の法人へ出向するというケースが一般的です。

多くの場合、海外の現地で働くことが求められるのは営業、経理、製造、技術者、購買、管理者ですが、取引先各国にそれほど多くの人材を常駐させておくことは困難な場合も多いのが実情です。そのため、例えば経理が総務を、購買が生産管理を、技術者が営業をといったように少人数の人員で業務を兼任するケースが多くなっています。そのため、貿易事務がそれ専任で海外勤務をすることはめったにありません。貿易事務の場合は、バイヤーや生産管理がその業務を兼任することが多くなっています。そのため、貿易事務として海外勤務をしたい場合には貿易事務以外の分野の業務にも対応でき、それらと兼任する形で現地への派遣を希望するのがより確実な方法でしょう。

貿易事務専任で海外で働きたい場合には、日本との取引のある貿易会社の求人を探すのがいいでしょう。当然英語をはじめ現地で利用されている言語の語学力は求められますが、日本企業と取引を行う以上日本語が正確に使用できることも求められる能力です。日本語が堪能なスタッフは非常に重宝されるため、英語力に自信があるのであればそれなりに重要なポジションで採用される可能性もあります。

なお、日本企業の海外法人へ現地採用してもらう方法もありますが、その場合は給与は現地法人ベースとなります。そのため場合によっては日本で就職した場合と比べて給与が落ちることもあります。海外での就職を希望する場合にはその点についても理解しておくことが大切でしょう。

貿易事務と兼務する形で海外支社へ常駐するか、日本と取引のある海外の企業へ貿易事務として就職するか、日本企業の海外法人で貿易事務として現地採用してもらうか、貿易事務が海外勤務するには大きくこの3つの方法があるでしょう。それぞれメリット・デメリットがあり、向き・不向きもあるでしょう。海外勤務を希望しているのであれば、どの方法が最も自分に適しているか、よく考えて決めるのがいいでしょう。

上位決定!貿易事務向け転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 紹介可能地域 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細


TOP

貿易事務の職探しの基礎

条件別の貿易事務求人


Copyright (C) 2014 - 2018 貿易事務求人サイトランキング All Rights Reserved.