残業が少ない貿易事務求人

財団法人求人TOP >> 条件別の貿易事務求人 >> 残業が少ない貿易事務求人

残業が少ない貿易事務求人

貿易事務の仕事について、残業が多いと印象を持つ人も居れば、定時できっちりと終わる楽な仕事というイメージを持つ人も居ます。 いずれにせよ貿易事務は女性のスタッフ多い職場なので、子育てなどを考えると残業は困ると思っている人も多いはずです。

「できれば残業のない貿易事務の仕事に応募したい」 と考えている人は、どうやって希望の通りの求人を探せばいいのでしょうか? 今回は残業なしの貿易事務求人の見付け方を考えてみたいと思います。

■残業がない貿易事務は転職支援サービスで探す
大まかな結論を先にいいますが、残業なしの貿易事務求人は、転職支援サービスで探すといいです。転職支援サービスとはそもそも、民間企業が運営する転職あっせんサービスで、ハローワークに似ています。

サービスに登録をして希望を伝えれば、その通り残業のない貿易事務求人を紹介してもらえます。 残業の有無は、正規社員と非正規社員でも違ってきますし、どこの国と貿易をしている会社なのかでも変わってきます。また、何を輸入し何を輸出しているのか、社内の風土はどのような感じなのか、あらゆる要素が絡み合って決まってきます。

外部の人間には簡単には分からないので、転職支援サービスに登録して、内情を正確に教えてもらう必要があります。登録も利用も無料なので安心して利用してください。

■非正規社員なら残業は基本的にない
貿易事務の仕事を探すにあたって、とにかく残業のない職場を最優先する場合は、正規社員ではなく非正規社員の求人を探してもいいかもしれません。社員になると、何かと余分な仕事を回されますが、非正規社員であれば終業の時間がきっかりと決まっているので、それこそ仕事の終わり秒単位で計算できます。

貿易事務の仕事は、非正規社員でも時給1,500円から2,000円もらえる場合が多いです。月収にして25万以上いく場合がほとんどなので、配偶者の稼ぎにプラスするイメージで働く限りでは、全く問題のない金額に達します。

「正社員でなければ嫌」 というこだわりさえすててしまえば、貿易事務の仕事は比較的チャンスが多いです。残業もないので生活のペースも作りやすいです。

■転職支援サービスは正規社員求人も非正規社員求人も両方集まっている
ちなみにリクナビNEXTやDODAなど、仕事探しに不可欠な大手の転職支援サービスには、正規社員の求人も非正規社員の求人も両方集まっています。 登録をすれば、利用者1人1人に担当者が配属されます。まずはその担当者に「残業なし」の条件を伝え、その中から応募可能な求人を絞り込んでもらい、チャレンジしてください。最も効率的な方法です。

上位決定!貿易事務向け転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 紹介可能地域 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細


TOP

貿易事務の職探しの基礎

条件別の貿易事務求人


Copyright (C) 2014 - 2018 貿易事務求人サイトランキング All Rights Reserved.