シフト勤務の貿易事務求人

財団法人求人TOP >> 条件別の貿易事務求人 >> シフト勤務の貿易事務求人

シフト勤務の貿易事務求人

主に、商品などの輸出入において必要な事務手続きをするのが貿易事務の仕事で、勤務時間は基本的に一般的な企業と同様に9時から18時です。ただし勤務先の就業時間に準じることや海外との取引の関係から時差を調整する必要があることなどから、始業と就業がずれ込むこともあります。

特に、時差の関係から勤務時間がシフト制になる企業も比較的多くて、早番・遅番といった交代勤務や曜日によるシフト制になる可能性が高い仕事です。このように勤務時間がシフト制になることを理解しておく必要がありますし、それをメリット捉えて希望する勤務時間をライフスタイルに反映することもできます。様々な事情や考え方から自分の働きたい時間に働ける職場を探すケースもあるので、シフト勤務の貿易事務求人は一つの選択肢として魅力です。

中国や東南アジアの一部の国なら日本との時差は1時間程度なので、それほど大きな影響が考えられませんが、ヨーロッパなどとの取引では時差が影響することもあります。このように取引先の国によって時差の問題を解消する必要があったり、24時間常に対応する必要があったりする職場では、貿易事務の仕事でもシフト勤務が必要になるのです。シフト勤務の貿易事務の仕事を希望して求人情報を集めるのなら、企業の取引先や業務内容などが関係してくることを知っておくと探しやすくなります。

ちなみにシフト勤務の内容も企業によって様々で、例えば土日祝も勤務曜日に含めて週休2日のシフト勤務や、1日の実労働時間が8時間で時間帯によるシフト制などがあるのです。その為求人を探す際には、シフト勤務の詳細を確認して自分の働きたい時間に働ける職場なのかを、事前にしっかりとチェックすることをおすすめします。

シフト勤務により働く時間や休暇の日数が一般的な事務職と違って不規則になりがちなので、働く上での規則や健康管理について知っておくことも大事です。シフト勤務で働く人が最低限知っておきたい規則は、1日8時間・週40時間以内が勤務時間の原則で、休日は週1日以上・4週で4日以上与えるように調整するのが原則という点です。その他にも細かな規則もありますが、働きすぎることのないように、この2つはしっかりと認識しておく必要があります。シフト勤務は考えている以上に健康への影響が大きいもので、長く務めるためには体調管理に配慮することがとても大事なポイントになるのです。健康管理する上で睡眠時間をしっかりと確保すること、健康診断の結果に注意することは重要なので、常にチェックすることを心がけましょう。

上位決定!貿易事務向け転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 紹介可能地域 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細


TOP

貿易事務の職探しの基礎

条件別の貿易事務求人


Copyright (C) 2014 - 2018 貿易事務求人サイトランキング All Rights Reserved.