短期雇用の貿易事務求人

財団法人求人TOP >> 条件別の貿易事務求人 >> 短期雇用の貿易事務求人

短期雇用の貿易事務求人

貿易事務は、その名称が示す通り貿易に関係する事務の仕事で、その為輸出入に関する専門的な知識と経験を必要とする業務と言えます。また貿易事務の雇用形態も正社員だけではなくて、派遣社員やアルバイト・パートなど様々で、その為短期雇用の貿易事務求人もあるのです。専門的な知識と経験を必要とする業務なのに短期雇用の求人があるのは不思議と感じるでしょうが、ある程度のキャリアを積んだ人なら短期雇用も可能になります。例えば、出産や子育てを理由に退職したけれども、短期雇用で再就職をしたいと考える方もいますし、様々な理由で短期雇用を希望する経験者もいるのです。実際、1ヶ月〜6ヶ月という期間限定の短期雇用による派遣社員求人がありますし、1ヶ月〜3ヶ月の短期雇用求人もあって、希望条件からいろいろと選択することもできます。

ただ短期雇用の貿易事務求人を探す場合には、立場による仕事内容の違いや給料の違いが、現実にあることを理解しておく必要があります。短期雇用の派遣社員やアルバイトとして貿易事務の業務をする場合には、書類作成などの一般的な仕事については正社員と同様に行います。しかし、何らかのイレギュラー事態が発生して、重要な判断する必要がある時には正社員が対応しますし、請求や決算など重要な金銭に係わる処理は正社員がすることが多いです。通常年収については短期雇用の派遣社員やアルバイト・パートよりも、正社員の方が多いというイメージを持つでしょうが、企業によっては一概にそうとも言えないケースもあります。

例えば、正社員に対しては残業手当を支給しない企業もあって、そのような場合には残業代が支給される派遣社員やアルバイトの方が給料が高くなることもあるのです。しかし、福利厚生などが充実している場合には、単純に支給される給料だけでは判断できないこともあるので、一概に派遣社員やアルバイトの方が良いとは言えません。ただ、先にも触れたように様々な事情から、短期雇用で勤務する必要がある方にとっては、このような雇用形態は大きなメリットになるのです。

このように貿易事務の知識やキャリアを活かして働く選択肢は、長期雇用の正社員だけではないので、ライフワークなどを考えた働き方もあります。せっかく取得した知識やキャリアを活用するためにも、短期雇用の貿易事務求人情報を探してみるのもおすすめです。ただ、いくら短期雇用であっても安易に職場を選ぶのではなくて、事前に業務内容や雇用条件などをしっかりと確認しておく必要はあります。

上位決定!貿易事務向け転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 紹介可能地域 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細


TOP

貿易事務の職探しの基礎

条件別の貿易事務求人


Copyright (C) 2014 - 2018 貿易事務求人サイトランキング All Rights Reserved.