中小企業の貿易事務求人

財団法人求人TOP >> 条件別の貿易事務求人 >> 中小企業の貿易事務求人

中小企業の貿易事務求人

中小企業も最近ではグローバル化の波に合わせて、海外の取引先とビジネスを進めるというケースも多いです。中小企業の中でも確かな技術を持っている会社はどの業界でも多く見られるので、ビジネスをしたいと思う海外の企業も結構見られます。このため、中小企業でも活発に貿易事務の仕事をしてくれるスタッフの募集は出ています。中小企業で貿易事務の仕事をする場合、純粋に貿易事務の仕事だけを任されないことも往々にしてあります。中小企業は大企業のように多くの人材を抱えていないので、一人あたりの業務量はどうしても多くなります。

実際にインターネットで紹介されていた中小企業で勤める貿易事務の体験談を一例に取ると、営業的な仕事も貿易事務の担当だったといいます。輸出入の手続き以外に、海外の取引先などと商品取引に関する業務を担当していたといいます。商品の卸価格の値引き交渉や商品に関する質問、取引先から商品などに問題があった場合のクレーム対応なども引き受けていたそうです。その他にも営業事務や一般事務と兼業で貿易事務の仕事をしている人も見られます。先に紹介した営業の交渉も担当するとなると、貿易事務は読み書きの語学力が必要ですが、それ以外にも英会話スキルが求められるでしょう。またこのような営業の業務も担当するとなると、場合によっては海外出張も年に何回かでないといけない会社も出てきます。中小企業の貿易事務で仕事をする場合、どこからどこまでが自分の担当する業務範囲なのか、事前に確認をしておいた方が良いです。また企業によっては、アジア圏など英語以外の言語の話せる人を評価する案件も見られます。英語以外の語学も堪能であれば、その部分はどんどんアピールすべきです。

また中小企業の貿易事務の募集の場合、雇用形態なども確認してから応募しましょう。中小企業の場合、人件費削減のために非正規雇用で貿易事務を募集するケースもしばしば見られます。パートタイマーとしてとか、派遣会社から中小企業に派遣されて貿易事務の仕事をする案件も見受けられます。正社員として就職して、今後長きにわたって仕事を続けたいと思っているのであれば、求人情報の雇用形態の見落としのないように注意しましょう。

中小企業の貿易事務ですが、給料に関しては大企業と比較すると若干少なめの傾向もありますので頭に入れておきましょう。中小企業によってまちまちですが、年収350万円前後の条件で求人を出している案件が多いです。この収入で納得できるかどうかも考えてから応募するかどうかの判断をしましょう。

上位決定!貿易事務向け転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 紹介可能地域 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細


TOP

貿易事務の職探しの基礎

条件別の貿易事務求人


Copyright (C) 2014 - 2018 貿易事務求人サイトランキング All Rights Reserved.