待遇がいい貿易事務求人

財団法人求人TOP >> 条件別の貿易事務求人 >> 待遇がいい貿易事務求人

待遇がいい貿易事務求人

貿易事務の求人を探している人の中には、給料などの待遇に恵まれた案件を探している方も多いでしょう。結論から言ってしまいますが、貿易事務はそれほど高収入を稼げるような職種ではないと思っておきましょう。ある転職サイトのデータをベースにするとだいたい300万円台の前半が相場です。40代である程度の経験を有している人でも、350万円前後といえます。全業種の平均年収が400万円前後といわれているので、それと比較してもあまり多くないでしょう。では貿易事務として、恵まれた待遇の職場に転職するにはどうすれば良いのでしょうか?

そのためには貿易事務プラスアルファの仕事経験を積むことです。貿易事務以外の仕事もしていると、その部分が評価され、上で紹介した貿易事務の相場よりも高い収入を得ることも可能です。たとえば貿易事務の方は語学に堪能な人が多いでしょうから、海外の得意先との交渉などのやり取りを任されている場合もあるでしょう。その他には貿易事務という仕事の性格上、生産管理や物流といった業務に関わっている人もいるかもしれません。このようなキャリアを有している人であれば、例えば商社とかメーカーの貿易事務の募集に応募して経験をアピールすれば高評価につながる可能性があります。

貿易事務で離職する人の中には、激務で待遇が悪いので辞めるという事例も結構あります。しかし激務というのは、貿易事務はどこでも基本的には共通しています。貿易事務で仕事をしている人の中には正社員以外にも、派遣社員として活躍している人も多いです。通常派遣社員のような非正規雇用であれば、残業をしなくても良いことが多いです。しかし貿易事務の場合、派遣社員でも残業を強いられることはざらにあります。繁忙期には派遣社員でも月給が40万円前後にまで行くといいます。これは残業代が発生しているからで、正社員として普通は稼ぎの少ない派遣社員がここまでの収入になるのは、どれだけ長時間残業を行ったかを如実に物語っています。正社員として仕事をするのであれば、言わずもがなといったところでしょう。

貿易事務で残業が長時間になるなどの扱いの悪くなるところに関しては、多少なりともどの会社でもありうることは頭に入れておきましょう。ただし子育てをしながら仕事と両立をする場合、きちんとケアをしている案件も見られます。育児休業をきちんと与えているとか、時短勤務を一定期間認めている企業もありますので求人情報で待遇をしっかりチェックしておきましょう。

上位決定!貿易事務向け転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 紹介可能地域 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細


TOP

貿易事務の職探しの基礎

条件別の貿易事務求人


Copyright (C) 2014 - 2018 貿易事務求人サイトランキング All Rights Reserved.